3DS(口腔内除菌治療) 3DS(口腔内除菌治療)
TOP > 歯科治療内容 > 3DS(口腔内除菌治療)

虫歯や歯周病で悩まされてきた方へ

歯を長く美しく保つために

歯みがきや食生活に気をつけていても、虫歯や歯周病に悩まされてきたという方は実は多いのではないでしょうか?もちろん、普段のケアでは限界があり、歯の質、ストレスや生活習慣によってもお口の環境は左右されるので、虫歯や歯周病の予防は簡単ではありません。 また、お口の中の細菌には「悪さをするもの」と「そうでないもの」がありますが、その割合は人によって異なり、虫歯や歯周病になりやすい人は、虫歯や歯周病を引き起こす細菌の割合が高い傾向にあります。 この「悪さをする」細菌を多く宿しているような方にオススメなのが3DS(口腔内除菌治療)です。

3DS(口腔内除菌治療)とは

3DSとはDental Drug Delivery Systemの略語で薬剤を用いた口腔内の除菌治療のことを指します。 3DSを行う前には、まず唾液検査をし、虫歯や歯周病を引き起こす菌の多さや治療が必要かどうかを確認します。検査の結果、一定以上のリスクが認められた場合には3DSの治療へと進みます。

口腔内除菌治療の流れ

  • カウンセリング

    これまでの虫歯のお悩みや食生活について伺うとともに、 3DSの効果や必要性などについてお話しします。

  • 唾液検査

    唾液中の細菌の量を検査し、3DSが必要かどうかをチェックします。

  • マウスピース製作

    3DSの必要性が確認できた場合にはマウスピース(ドラッグリテーナー)の製作に進みます。 口腔内除菌はこのマウスピースに薬剤を入れ、歯に装着することで薬液を歯の隅々まで行き渡らせます。 マウスピースは最短1週間程度で完成いたします。

  • PMTCと3DS

    口腔内の除菌を行う前に、今ある歯垢や歯石などの汚れをできる限り除去します。 汚れを除去した後、完成したマウスピースを用いて約5分間薬剤に歯を浸します。こうすることで虫歯菌を除去することができます。

  • ホームケア

    マウスピースを用いた歯の消毒はご家庭でも行うことができます。クリニックでの施術後、ご家庭で約1週間、夜歯を磨いた後にホームケア用の薬剤をマウスピースに入れて、約5分間お口に装着して作用させます。

  • PMTCと3DS(2回目)

    クリニックにてPMTC+3DSをもう一度行います。3DSの除菌効果は約4ヶ月〜6ヶ月持続します。

歯原性菌血症の予防にも

口の細菌は口の中だけにとどまりません。虫歯や歯周病の菌は弱くなった歯根膜や口腔内の傷口から血管内に侵入して全身を巡り、慢性的な炎症を引き起こします。この状態を歯原性菌血症と呼びますが、これは動脈硬化や心疾患、脳血管疾患などにもつながると考えられています。 この歯原性菌血症を引き起こさないためにも、口腔内の環境を整えることが大切なのです。

 博多矯正歯科 KITTE博多院 審美は患者ファーストをモットーにして治療を行っています。当院では歯の健康と美しさはお互いに補完しあうものだという考えのもと、患者さまに寄り添い、ベストな治療方法を追求します。お口のことのお悩みはまずカウンセリングでご相談ください。

無料カウンセリング予約はこちら

グループクリニックのご紹介

矯正歯科

渋谷矯正歯科横浜駅前歯科・矯正歯科新宿矯正歯科 池袋駅前歯科・矯正歯科博多矯正歯科 東京八重洲矯正歯科渋谷矯正歯科マウスピース矯正システム

一般歯科(虫歯治療・セラミックなどの審美治療)

池袋駅前歯科・矯正歯科 審美新宿駅前デンタルクリニック