根管治療 根管治療
TOP > 審美治療の種類 > 根管治療

根管治療

 

 重度の虫歯や外傷によって神経が炎症を起こしたときには「根管治療」と呼ばれる治療を行います。「根管」とは神経や血管が通る、歯の根にある管です。
博多矯正歯科 KITTE博多院 審美では、できるだけ歯と神経を残す治療を目指しますが、根管で炎症が起こっている場合には、炎症を抑え、炎症の拡大や予後の安定のためにも根管治療を行います。
 根管治療は、歯を少しでも多く残し、設置したクラウンを長期間安定して使用するためにも重要な治療で、精度と丁寧な処置が問われる治療です。
 また、1 度根管治療を行った部分に再度炎症が起きてしまった場合の再根管治療についても対応しております。

根管治療とは?

神経が通る根管部分の治療を指します。

「根管」と根管治療の必要性

 歯の根の中には神経や血管などが通る管あります。これが「根管」ですが、虫歯などによって神経が炎症を起こした際にはこの根管の治療が必要となります。みなさんが耳にしたことがある「歯の神経を抜く」イコール根管治療と考えていただいて良いのですが、根管治療の重要な点は、弱ってしまった神経や血管などを根管から取り除ききれいに清掃することです。そうすることで、炎症や感染を最小限に止め、歯の機能や「歯」自体を少しでも保つことを目指します。
 神経の炎症や感染をそのままにしておくと、虫歯が進行して歯を失う(抜歯となる)可能性はもちろん、歯の周辺へ炎症がひろがり、ひどい場合にはリンパ節の腫れや発熱などを引き起こす場合もあります。

 根管治療では、痛んだ神経を取り除き、清掃することで炎症を再発しないようにします。根管は狭い上に湾曲しており、中に詰まった汚れ(細菌に感染している組織など)を除去するのはなかなか難しい作業ですが、この作業を丁寧に行うことで再炎症を防ぐことができます。感染した神経や血管などの組織は「ファイル」と呼ばれる細い針のような器具でかき出し、薬剤を使用して根管内を清掃・消毒します。治療は1回〜3回ほどが一般的ですが、歯や症状によって差が出るので、具体的な期間は治療時にお伝えします。

 また、清掃が終わった根管は空洞のため、そのままでは歯はもろく、噛み合わせの力などによって割れてしまう可能性があります。根管の清掃が完了した後には、空洞になった根管へ薬剤を詰め、次のステップへの準備を行います。
 根管治療を要する歯は、虫歯などで大きく損なわれている場合が多く、根管治療の後には、クラウン(被せ物)を利用して歯の機能を修復していくことが一般的です。クラウンを被せる場合には、根管に支柱を立てたのち「コア」と呼ばれる土台を設置します。

クラウンについて

「根管治療」治療の流れ

再発を防ぐための
精密治療

虫歯の治療

多くの場合、歯の神経にまで達しているレベルの虫歯で神経の炎症が起こります。まず、虫歯部分を丁寧に取り除いていきます。クラウンやインレーが被せてある歯の場合は、修復物やコアを取り除く作業を行います。CTやデンタルレントゲンなどで患部の詳細を把握した上で治療に進みます。当院の根管治療は自由診療ですので、治療前に費用や期間についてもご説明いたします。

根管の清掃

歯を削り、神経や血管の通っている根管を露出させます。炎症を起こしている神経や血管などを、専用の器具を用いて根管の壁をわずかに削りながら清掃していきます。

根管の洗浄

清掃した根管内を丁寧に洗浄・殺菌します。

根管充填

根管が再び細菌に汚染されることのないよう、薬剤を詰めて蓋をします。また、クラウンを被せる場合には根管充填を行った後、コアの設置を行います。

 博多矯正歯科 KITTE博多院 審美は患者ファーストをモットーにして治療を行っています。当院では歯の健康と美しさはお互いに補完しあうものだという考えのもと、患者さまに寄り添い、ベストな治療方法を追求します。お口のことのお悩みはまずカウンセリングでご相談ください。

無料カウンセリング予約はこちら

グループクリニックのご紹介

矯正歯科

渋谷矯正歯科横浜駅前歯科・矯正歯科新宿矯正歯科 池袋駅前歯科・矯正歯科博多矯正歯科 東京八重洲矯正歯科渋谷矯正歯科マウスピース矯正システム

一般歯科(虫歯治療・セラミックなどの審美治療)

池袋駅前歯科・矯正歯科 審美新宿駅前デンタルクリニック