歯周病治療 歯周病治療
TOP > 歯科治療内容 > ペリソルブ (歯周病治療)

博多矯正歯科の歯周病治療

博多矯正歯科では歯周病治療の一環としてペリソルブを使用した歯垢・歯石除去を行っています。「ペリソルブ」とは歯の表面に塗るだけで歯垢・歯石を除去できる薬剤です。ペリソルブなら治りが早く腫れが引き、出血や細菌リスクを最小限に押さえることができます。

歯周病治療とは?

歯を長く美しく保つために

まず、歯周病(歯槽膿漏)とはどのような病気であるかご存知でしょうか? 歯周病とは歯と歯肉の間に細菌が留まり、炎症を引き起こす疾患です。ごく初期の段階では歯肉が赤みを帯びる、腫れるなどといった症状が出ますが、進行すると出血、歯周ポケットの深化、さらには歯を支える骨が溶けることによる歯のぐらつきが見られるようになり、最悪の場合抜歯が必要となります。

歯周病を引き起こす細菌は、歯垢(プラーク)や歯石という形で歯の周りに存在しています。この歯垢や歯石を取り除くことで歯周辺の状態をよくしていくのが歯周病の基本的な治療方法です。 歯周病が進むと「歯周ポケット」と呼ばれる歯と歯肉の隙間が深くなっていきますが、歯石などを除去して歯の表面をきれいにすることで、歯と歯肉が再付着するよう促します。

歯周病治療では、セルフケアも重要になりますが、歯石の除去は普段のブラッシングでは難しく、歯科で専用機器を用いて取り除くことになります。「スケーリング」や「ルートプレーニング」という方法を耳にされたことがあるかもしれませんが、手強い歯石を除去する際には強い振動を与える必要があり、ときに歯茎からの出血が避けられないことも事実です。 また、専用機器での除去は、口腔内に細菌の塊がどうしても飛び散ってしまいます。 近年では歯茎の出血部や気管から歯周病菌などが侵入し、他の全身疾患を引き起こす「歯原性菌血症」が注目されるようになり、患者さまの健康状態や年齢によっては配慮が必要となります。

ペリソルブによる歯周病治療

近年開発された「ペリソルブ」は、歯石を溶かすだけでなく、殺菌作用もあるため、口腔内を清潔に保ちながら歯周病治療を行うことができます。 歯垢や歯石を柔らかくしてから除去するので、無理な力をかける必要がなく、効率的な歯周病治療を行うことができます。

ペリソルブのメリット


歯茎への負担が少ない

薬剤で歯垢・歯石を溶かしてから専用器具で除去を行うので、歯茎への負担も少なく、出血が最小限にとどめられます。


腫れが引きやすく、痛みも軽減

薬剤は歯石・歯垢のみに作用し、歯茎には影響がありません。歯茎への負担を減らすことができるので、症状の腫れも引きやすく痛みも少ない特長があります。


刺激や副作用が無い

ペリソルブは抗菌性の薬剤ですが、刺激や副作用のある抗生物質ではありません。


殺菌作用で細菌の体内への侵入を防止

ペリソルブを使用した歯周病治療では、薬剤で殺菌してから歯垢や歯石を除去するので、体内への侵入リスクを減らすことができます。

ペリソルブを用いた歯周病治療の流れ

  • perisolve_sym01
    ペリソルブの塗布

    ペリソルブを歯周ポケットに注入する。

  • perisolve_sym02
    歯垢・歯石の除去

    注入後30秒待ち、スケーリングによって溶解した歯垢や歯石を除去。 症状によって1,2を繰り返して歯の根をきれいにする。

  • perisolve_sym03
    ルートプレーニング

    必要に応じてルートプレーニング(最近に汚染され柔らかくなったセメント質や象牙質を除去して歯の根部分を滑らかにする処置)を行う。

 博多矯正歯科 KITTE博多院 審美は患者ファーストをモットーにして治療を行っています。当院では歯の健康と美しさはお互いに補完しあうものだという考えのもと、患者さまに寄り添い、ベストな治療方法を追求します。お口のことのお悩みはまずカウンセリングでご相談ください。

無料カウンセリング予約はこちら

グループクリニックのご紹介

矯正歯科

渋谷矯正歯科横浜駅前歯科・矯正歯科新宿矯正歯科 池袋駅前歯科・矯正歯科博多矯正歯科 東京八重洲矯正歯科渋谷矯正歯科マウスピース矯正システム

一般歯科(虫歯治療・セラミックなどの審美治療)

池袋駅前歯科・矯正歯科 審美新宿駅前デンタルクリニック